• 2011.06.07 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

救いはあったのか
螺旋階段はくるくるしてて目が回っちゃいますよね、こんばんは。

昨日まどかマギカ最終回が放送されて寝不足気味だったりします。賛否両論ありそうだけど、自分の中ではここ何年かの一番のヒットぐらい面白かったですよ。


で、ネタバレしたくないので曖昧で抽象的に感想でも。

ほむほむは本当に救われたのかがずっと気になってましてね。

魔法少女にさせないために何度も同じ時間を繰り返し続け、諦めたら魔女になっちゃうというどうしようも無い状態だったのが、まどかがズドーンってやったら歴史が改変されちゃって、魔女のいない世界になったもののまどかが存在したことを忘れない為?に改変された世界で戦い続けていくという再度のスパイラルにおちいったと思うんだけど、

言い換えれば、目的は違えどやってることは同じなわけで…

むしろ最初の世界は実体としてのまどかが存在してたのに、後の世界ではほむほむの中にしか存在していると認識されていないこの状態は果たして救いなんでしょうか。

さらに最後のシーンでは、なんかのみこまれそうになったりしてたり…

その際まどかの声で持ち直したみたいになってたけど、この状態をずっと続けることは幸せなのか?

さやかはなんか願いがかなったみたいな感じで消滅?したような感じだったけど、ほむほむの望みがまどかが存在したことを忘れない為だとしたら、それは永遠のスパイラルに閉じこめられてるんじゃないのかね。

その辺は制作サイドにどのような意図があったかで変わってしまうので今は想像しかできないのだけど…

むしろ自分の考え方が間違ってくれてて、ちゃんと救いがあったのであればいいんだけど…


まあようするにほむほむまじほむほむ

暫くしたら一話から通しで見直してみようと思います
このところ…
かなりニコ厨(←漢字あってるかな?)
になってますセイレイさんですこんばんは。

家では引きこもり街道まっしぐらです。
懐かしい感じがしてなんだか良いのだけれどね。

家ではかなりオタクに戻っておりますよ。

昔と違うのは普通のゲームしてないぐらいなんだけど
オタクってのはとしとってもなんら変わんないってけとだけはわかったよ。

相変わらずバカやってるなとは思うけど
やめようとは思わないわけで。

まあオタクとはいっても漫画とFFやってるぐらいなんだけどね。
昔よりは漫画買う数も減ったし
ゲームも週一回ぐらいしかしないし
パチンコも月2回ぐらいしかいけないし
ただもう少し時間があればかなり展開も違うんだろうけどね。

それでも根はオタクなわけで。

早い話しもう少し時間をくれよと。

無理矢理睡眠時間削るぐらいしか趣味に時間かけれないんだよね。
これ以上寝ないとやばそうだし…


まあどれだけ時間がなくなってもオタクはやめないんだろうけどね。


今日も無駄に文字を垂れ流して暇な電車時間がすぎてくよorz
melancholy…II
憂鬱というかもう鬱です。
アニメを全部見たのも要は現実逃避なのですよ。

そんなこんなで仕事始めて最大の山場に挑戦中のセイレイさんですこんばんは。

この頂上はかなり高そうですよ。
しかも越えたところでなんのためにもならないと。
かなり不動産の犬になってます。


うちの事務所がね。


一時だけしがらみを忘れて朝の続きでも。


え〜と
かなりアバウトな内容の説明したようなきがするけど
とりあえずはおもしろかったですよ。

一作品を最初から最後まで見たのは何年ぶりかわかんないけど
途中であきることもなかったし
へたなドラマみるよりは何倍も面白かったよ。


アニメとドラマの違いはたかが2次元か3次元かの違いだけだと思うんだけど
どうやら日本にはアニメ=オタクっていう式が成り立つらしく
恐らくどんないい作品でも正当に評価されない空気が未だにあるよね。

果たして今回の作品がそんな高い評価かどうかは知らないけど
いいものはいいっていう時代はいつくるものなのかねぇ。

みんななにかしらのオタクなのにどうも認めたがらないよね。


どんどん話が離れていって何をしゃべってたのか全然わかんなくなってきたけど
久々に自分って相変わらずオタクだなぁって気づかせるぐらいの作品であったのは間違いないね。


そろそろみんな自分の中のオタク開眼させてもいいんじゃないの?

まあ自分のまわりには基本オタクしかいないんだけどね笑

仲間内はみんないさぎのよいオタクばっかりでよかったよ。

ちなみに一般的にキモオタとか言われる人はいないけどね。

オタクにしとくのがもったいないやつらばっかりあつまってるよ笑


DVDについてはまた今度にしときます
melancholy…I
※いつもにましてイタイ可能性があります。



昨日、一昨日とひょんなことがありましてね。

連れが涼宮ハルヒの憂鬱のDVDを全巻借りてきたんですね。

ツ○ヤが半額だったのと、ポイント使って全部で900円だったそうで。
全部で8本だったかなぁ。

2日かけてちまちまみたんだけど
なかなかにクオリティ高いんでないかな。
回によって作画もあんまりぶれなかったし
人気がある理由がわかったようなきがしたよ。

もう1年ぐらい前の作品だから今も人気あるかは知らないけどね。


DVDは時系列順に話が入ってるんだけど
(TV版は主要パートとサブパートを交互だったことが後に判明)
なんの事前知識もないまま視聴したため
最初は全然話の内容がつかめなかったんだよね。



話としては…
宇宙人と未来人と超能力者といわゆる神に気に入られた普通の人が
いわゆる神のご機嫌をうかがいながら学園生活をおくるという
まあようはラブコメのようでちょっと頭が飛んじゃった人達が
敵倒したり、事件解決したり、世界不思議発見してみたりとか
簡単に言えばいわゆる神のやきもちが世界に危機をもたらすという
結構破天荒な内容の作品なんですよ。


長くなりそうなので続きは夜にでも
世にも不思議な冒険
7月15日朝

台風が迫りくる中世にも不思議な冒険をしてきましたよ。
その概要をば


自分の彼女さんはねっからのジャニオタでしてね
よくコンサートとかいくんですよ。


以前ひょんなことから一緒に滝沢演舞城という
舞台に一緒にいくひとがいないからいこうよと
ということになったんですね。

それが日曜日だったと。
台風が迫り狂ってたと。

朝早く起きていってきたんですね。


混沌でしたよ。
約1000人ぐらいはいる新橋の演舞城というところに
男は自分含めて数える程度…
しかも視線がかなり痛いと…

ええ

ええ

そりゃ場違いですよ。

途中から居座り直ってどうどうとしてたんだけどね。

ちょっと気合い入れてさも関係者ばりでさまよってた方がよかったかな笑

て内容の方はというと
不覚にもかなり感動してしまったんですねぇ これが

義経の話がメインだったんだけど
三郎と弁慶の兼ね合いが泣けること泣けること

ちょっと遠い席(3階席2列目)だったんだけど真正面だったし
前日殆ど寝てなかった眠気も相当さめちゃったね。

しかもタッキーの美しいこと美しいこと
どんなに汗だくでも髪の毛が額にペタってくっついても
かなり美だったね。
世の女衆が惚れるのも分かる気がするよ。



で全然関係ないんだけど
オタっていってもいろいろあるらしく
個人の担当(ファンのことを担当というらしい)だとか
グループの担当だとかいろいろあるらしいのね

で自分の担当のジャニタレがでてくると
みんな一斉に双眼鏡むけるわけですよ
一斉にだよ?
これには最初かなりびっくりしたねぇ

タイミングと向きで誰の担当なのかが人目でわかるらしいよ



最後にはだいぶ場にもなれ少しは溶け込んでたような気も…


エンターテイメント性はかなり勉強になるところが多かったね。
表現方法だとか見せかただとかかなり感心したよ。


そんなこんなで本日の前半戦終了。
お土産にせんべいを買いつつ
帰路につくと思い気や
長くなってきたので後半戦に続く。



ジャニオタなんてなあって思ってたけど
実際行ってみると考え方かなりかわるね。


エンターテイメント性だけとっても見る価値はあると思うよ。


そういえば世の中隣の801ちゃん(タイトルうろ覚え)とかあるけど
ジャニオタの日常とかをブログにすればもしかしてかなりいい予感?
相当なコアなオタだし回りにも仲間いっぱいいるし
印税生活も夢ではないかも?


まあ所詮2番煎じではあるか笑
その前に文章なんとかしなきゃなぁと考えつつ
本日も終了です。

不思議な冒険はまだまだ続く?



かもね笑
Wii
発売日じゃん。

すっかり忘れてたな
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
LINK
PROFILE
Profile
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.