• 2011.06.07 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

また
 また1ヶ月以上更新できませんでしたね。

ついったやってるとどうにもそちらで垂れ流しちゃうため、ブログがおろそかになっちゃいます。

ふむん・・って感じ。

なにわともわれ、震災から3ヶ月が過ぎてようやく色々と日常に戻った気がします。

少し落ち着いたらまあ色々とやりたいことはあるんだけど、まったく落ち着かなかったり。

とりあえず梅雨はきらいです
救いはあったのか
螺旋階段はくるくるしてて目が回っちゃいますよね、こんばんは。

昨日まどかマギカ最終回が放送されて寝不足気味だったりします。賛否両論ありそうだけど、自分の中ではここ何年かの一番のヒットぐらい面白かったですよ。


で、ネタバレしたくないので曖昧で抽象的に感想でも。

ほむほむは本当に救われたのかがずっと気になってましてね。

魔法少女にさせないために何度も同じ時間を繰り返し続け、諦めたら魔女になっちゃうというどうしようも無い状態だったのが、まどかがズドーンってやったら歴史が改変されちゃって、魔女のいない世界になったもののまどかが存在したことを忘れない為?に改変された世界で戦い続けていくという再度のスパイラルにおちいったと思うんだけど、

言い換えれば、目的は違えどやってることは同じなわけで…

むしろ最初の世界は実体としてのまどかが存在してたのに、後の世界ではほむほむの中にしか存在していると認識されていないこの状態は果たして救いなんでしょうか。

さらに最後のシーンでは、なんかのみこまれそうになったりしてたり…

その際まどかの声で持ち直したみたいになってたけど、この状態をずっと続けることは幸せなのか?

さやかはなんか願いがかなったみたいな感じで消滅?したような感じだったけど、ほむほむの望みがまどかが存在したことを忘れない為だとしたら、それは永遠のスパイラルに閉じこめられてるんじゃないのかね。

その辺は制作サイドにどのような意図があったかで変わってしまうので今は想像しかできないのだけど…

むしろ自分の考え方が間違ってくれてて、ちゃんと救いがあったのであればいいんだけど…


まあようするにほむほむまじほむほむ

暫くしたら一話から通しで見直してみようと思います
たまには真面目な
ゴールデンウィーク前の地獄進行でしにそうになってます。こんばんは。

今回の震災で原発とかが問題になってる中、次世代エネルギーに関して色々調べて見たりもしてます。

まあまだまとまってないんですが。

電気を使ってるのは自分達なので電力会社にあまりうるさく言いたくはないのですが、もう少し視野を広げて多くのエネルギーについて考える必要があるのではないでしょうか。

世間一般でも批判は多かれど、その先についての議論が少ないように思います。

特に現地で作業してる人たちはむしろかなりの危険を顧みず作業してるのに、批判ばかりというのもなんだかなぁという感じです。

しかも批判してる大半は関東圏ではないでしょうか。想像ですが。

そもそも西の方にいくに連れてもしかすると興味すらなくなってくるのではとさえ思っちゃいます。

例えば、現在の生活スタイルを何十年前まで戻してください、と言われて果たして何処まで対応できるのでしょう。エアコンなしでみんなナツを乗り切れますかね。

ちなみに実家の部屋には未だにエアコンありません。昔から暑いさなか扇風機だけでよく暮らしたものです。

節電するにも限度はあると思うので、それから先を考えるのであれば、新しい都市機能について考えて行くのも節電やエコに繋がらないかなと最近考えてます。

効率良い空調システムとかね。

書きたいことは多々あるのですがまとまったらまた。



まとまるかどうかは未知数ですがね…
お久しぶりです
まあ世間では色々大変なことが起きてますが生きてます。

けっしてブログのこと忘れてたわけじゃないですよ

9割ぐらいは忘れてたかもですが…

う〜ん…
たまには風景でも


仕事の出先で撮った写真。

三鷹線路高架上から。かなり周りも開けて見えて中々いい景色だったかも。

探してみると東京も意外な景色があるものだね
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
LINK
PROFILE
Profile
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.